産休・育休を終え復帰した看護師Aさん

看護師のライフプランを応援!~山口県求人&お役立ち情報~

山口県でずっと看護師!求人情報から便利情報までが満載!



どんな職場でも、出産・育児はキャリアアップするには壁となりがちな課題です。こちらのページでは実際に、看護師として育休・産休を終え、元いた職場に復帰したAさんの体験談をご紹介しましょう。

産休・育休を取って、元の職場に復帰したAさんの場合

産休・育休私は産休・育休を終え、元いた職場に復帰しました。お休みに入る前は、残業も夜勤もやっていましたが、復帰してからは残業も夜勤もなく、先に帰らせてもらって子供を保育園に迎えに行くという生活を続けています。

最初は、他のスタッフにも迷惑がかかるし、患者さんの状況も把握しきれない時もあったり、子供を産む前の働きと比べて自分が出来る事が減ったようで本当にこれでいいのかと思った事もありました。

子供が大きくなるまでと思い割り切った

しかし、周りからのサポートや、同じ経験をしてきた先輩からのアドバイスもあり、最近では、「子供が大きくなるまでは」と、割り切って働かせてもらっています。時間内で患者さんの事を把握できるように色々工夫しながら働いています。時間は他のスタッフより短いですが、その分時間内でメリハリをつけて働くようにしているんです。

元々いた職場なので、勝手もわかりますし、他のスタッフも私の事情を理解してくれているというのはとても心強いです。

もちろん、子供に手がかからなくなったら、元のようにバリバリ働きたいと思っています。

看護師仲間の中には、一旦退職して、別の病院にパートとして再就職したという人もいます。その人の場合は、残念ながら、元いた職場に、産休・育休を良しとしない風潮があったようです。

パートで勤務する選択もあり

もし、ずっと同じ職場で働きたいと考えていて、結婚・出産をしたいと思っているのであれば、最初からそういった環境のある職場に就職するといいのではないかと思います。

とはいえ、看護学校を出立ての若い子にそこまで考えて就職しろというのは難しいですよね。仕事にも慣れてきて、自分の将来を考えるようになった時、一旦立ち止まって、今の職場でこのまま働いていていいのかと考える事も大切なのではないかと思うのです。

ただし、先ほどいった看護師仲間のように、パートとして復帰するなど、看護師の仕事は様々な形で復帰する機会が多いというのも事実ですけどね。